子供がまだ小さい時から様々な英才教育をしている親も多いようですが、これには問題点も潜んでいるのです。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育の問題点について

PAGETITLE
子供がまだ小さい時から、勉強、語学、音楽、美術等様々な教育をしている親も多いようです。しかし、このような英才教育には問題点も潜んでいるのです。人にはそれぞれ才能や個性があり、それらを無視して教育しても一定以上の上達は望めませんし、それどころか却って子供の心身の健全な成長を妨げてしまうのです。昨今、マスメディア等で様々な英才教育が報道されていますが、大半なその教室や学校の営業目的の宣伝に過ぎないのです。

もちろん、子供に教室や塾に通わせて教育をするのはダメだと言っているのではありません。ただ、それには目的や方法があり、それを履き違えて英才教育という言葉ばかりに重きをおくことが問題だと言っているのです。では、具体的にどのようなスタンスで子供に教育をすれば良いのでしょうか。

子供にはそれぞれ才能や個性があり、勉強、スポーツ、芸術等活躍できる分野も様々なのです。したがって、子供のうちは様々な事を遊び感覚で行わせ、その中からその子にあったものを見つけることを主眼にすることが大事です。英才教育と肩肘を張ってその子にプレッシャーをかけてしまうと、却って嫌いになったり、精神的に問題を抱えるようになる可能性があるのです。したがって、子供に教育をする場合は、長い目で見るようにしましょう。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。